四十肩・五十肩

青葉区美しが丘周辺・近隣の皆様、このようなお身体のお悩みはありませんか?

肩の痛みを抱える女性のイラスト

  • 肩を動かすと痛みが出る
  • 肩の痛みで日常生活にも支障が出る
  • 夜や寝起きに肩が痛くなる
  • 四十肩、五十肩と診断されたが治療は特にしていない
  • 仕事や日常生活で肩を使うことが多く痛みやすい

詳しい院内の衛生管理対策は下記をクリックしてください!

https://tamaplaza-seikotsuin.com/blog/eiseitaisaku/

四十肩、五十肩とは

実は・・・

四十肩や五十肩という病名は存在しません!

肩の痛みが40代ででれば四十肩、50代ででれば五十肩と総称して呼ばれることが多くなっていて正式な病名としては『肩関節周囲炎』と呼ばれます。

多い年齢は40~50代なのですがもちろん

10代で発症する方もいれば80歳や90歳で発症する方もいます。

症状としては痛みで肩が動かしにくくなってしまい、着替えるときに袖を通そうと思っても痛かったり、髪を洗う時に気になったり、物を持ち上げようとしたときに痛くなったり普段なら何でもないような動作で異変を感じる方が多い傾向にあります。

ただ一言で肩関節周囲炎といっても

骨が原因のもの、関節が原因のもの、筋肉が原因のもの、

靭帯が原因のもの、関節包が原因のもの

というふうに様々な理由が考えられます。

この中で最も多いといわれているのが筋肉が原因で起こっている症状です。

そもそも肩関節は人間の体の中で一番可動域が広い関節とされていて、

基本的にはどの方向にでも動かすことが可能となっています。

通常関節は2~3本の骨がしっかりと支えあって負担を減らしていますが、

肩関節は動ける範囲を広くするために受け皿となる骨の面積が小さくほとんどが筋肉に依存して支えている状態のため筋肉への負担がかなり大きくなっています

さらに仕事や家事、日常生活で同じ動きを繰り返したり、一定の姿勢を続けたりしていると筋肉が耐えられなくなってしまい痛みとして症状が出てきてしまいます。

また、肩関節周囲炎は状態によって

治療法を変える必要がありそこを見誤ってしまうと治るまでの期間が長くなってしまいます。

例えば温めたほうが良い時期と冷やしたほうが良い時期があったり

動かしたほうが良い時期と安静にしていたほうが良い時期が存在します。

このようにただ生活しているだけでも負担がかかってしまいますし、自分で良いと思ってしたことが逆効果になったりもするので

放っておいてもよくなることは少なく1年や2年症状が改善しなかったなんてことも非常に多く見受けられます。

一般的な治療法

運動療法と安静指導

肩関節周囲炎は肩周りを動かしたほうが良い時期と反対に安静にしたほうが治りやすい時期があり、その時期を判断しながら適したストレッチや安静指導を受けます。

薬物治療

痛み止めを飲んで感じにくくさせたり湿布を患部に貼って様子を見ていきます。

注射による治療

ステロイド注射を直接痛みのある位置に打ったり関節を包む袋(関節包)に打ちます。

からだラボ整骨院たまプラーザ院の四十肩・五十肩施術

施術の様子当院ではまずしっかりと検査をさせていただいて肩の痛みの原因を明確にしていきます。

そして状態の説明をしたのち3つのステップに分けて治療をさせていただいております。

肩関節に限らず炎症症状に関しては初期の治療が大切なのでステップ1ではなるべく早く炎症を抑える治療をさせていただきます。そうすることで治療期間を大幅に短縮できたり、一度の治療で動きが改善する方がたくさんいらっしゃいます。

当院の治療コンセプトは

ただ痛みをとるだけでなく根本的にお身体を良くしていくことを目標とさせていただいておりますので

ステップ2では筋肉が日常生活の負担に負けないように原因に対する治療

最後のステップ3は何度も繰り返さないようにする治療

この3ステップに分けて治療を進めてまいります。

インナーマッスルとアウターマッスルを同時に整えることで肩の痛みが緩和・解消できる

肩の痛みでお悩みの方、何度も繰り返してしまっている方はぜひ一度ご連絡ください。