背中の痛み

青葉区美しが丘周辺・近隣の皆様、このようなお身体のお悩みはありませんか?

  • 朝起きたときに背中が張る
  • 慢性的な肩こりや首のこりがある
  • 体をひねる動きができない
  • 肩や腕をあげると背中が気になる
  • 猫背になってしまう

詳しい院内の衛生管理対策は下記をクリックしてください!

https://tamaplaza-seikotsuin.com/blog/eiseitaisaku/

背中の痛みの原因は?

背中は体を動かすために重要な役割をしているので痛めてしまった場所が悪いと少し動いただけで痛みを感じたり、人によっては呼吸食事をするだけで痛むなんて方も多くいます。

背中に出る痛みには色々な種類が存在しています。性差や年齢によって出やすいものもあれば、生活習慣姿勢が原因で引き起こされるものもあります。

背中の痛みの種類

まずは簡単に背中に出る痛みの種類についてお話しします。

神経による痛み

背骨から出る神経のうち首や背中の神経が圧迫されると痛みが出ることがあります。

背骨の間が狭くなって潰されてしまっていたり、固まった筋肉によって圧迫を受けることが多いです。

症状としては痛みの他にしびれ出ることもあります。

また範囲が広いと背中だけでなく脇腹や胸にかけて痛む場合があります。

治療としては背骨を支える力をつけて潰されないようにしたり、筋肉を柔らかくしていくことが重要になります。

筋肉による痛み

背中には他の部位と比べてもかなり大きい筋肉が揃っていてそれだけ力を発揮したり、色々な方向への動きに関与しています。

また姿勢を支える働きをする筋肉も多いため

猫背やストレートネックになりやすい方は併発しやすくなっています。

筋肉が痛みを出すときは大きく分けて3種類で筋肉に傷がついたとき(怪我)、固まったとき、弱くなって負担に負けているときになります。

それぞれ対処法が変わってきますが、

傷がついたときは組織を修復するための治療や安静が優先されます。

固い時は柔らかくしていく必要があります。

弱くなってしまった時は筋肉によって方法は異なりますが動かしたり鍛えていく必要があります。

骨による痛み

まれに高齢の方になると背骨の圧迫骨折が起きている場合があります。

痛みが強くない場合もあり慢性的な腰痛や背中の痛みとして感じる方もいます。

骨粗鬆症のように骨が弱くなると起こりやすく、整形外科をはじめとするお医者さんに診察をしていただくような症状になります。

内臓疾患によるもの

内臓系の疾患によって背中に痛みが出る場合があります。

膵臓、胆嚢、腎臓の疾患、その他にも気管や食道が原因で痛みが出ていることもあります。

背中に痛みを感じる方のうちどれも確率はかなり低いものになりますが、癌を患ったことのある方や1〜2ヶ月とても強い痛み(冷や汗が出る痛み)が続く方は一度病院で検査をしてみても良いかもしれません。

からだラボ整骨院たまプラーザ院の背中の痛み施術

これら背中の痛みのうち最も多い筋肉による痛みや神経による痛みの治療

を得意とさせていただいております。

上記にもあるように症状の原因が様々なので状態を把握して

何が原因で出ている痛みなのかを特定してからお身体の状態に合わせた最善の方法をご提案させていただきます。

説明の様子

また背中の痛みは背中だけに原因があるわけではなく首や腰と連動して悪さを出していることがほとんどで背中だけを治療していてもすぐに戻ってしまう方が多くいます。

からだラボ式の筋肉に対する治療では

痛みや硬さを取るだけでなく

何度も繰り返さないようにしていくことをコンセプト

にしていますので治療法を変えながら痛みのある位置だけでなく首、腰、臀部など治療部位や方法を細かく調整しながら進めていきます

背中の痛みが気になる方、そもそも痛みの原因わからない方はぜひ一度当院での治療を受けてみてください!