変形性股関節症

青葉区美しが丘周辺・近隣の皆様、このようなお身体のお悩みはありませんか?

  • 立ち上がりや動き出しで股関節に痛みが走る
  • 両足の長さに違いがある
  • 生まれつき股関節が悪いと言われたことがある
  • 最近足が上げにくくなってきた
  • 体重増加に伴って股関節に痛みが出る

詳しい院内の衛生管理対策は下記をクリックしてください!

https://tamaplaza-seikotsuin.com/blog/eiseitaisaku/

変形性股関節症とは

名前の通り股関節を形成する骨自体に変形が認められ、

それが原因で痛みや可動域の制限が出てしまうような症状になります。

変形性股関節症の多くは生まれつきの股関節の発育障害が後遺症として出てきてしまったものが多いとされています。発育障害の中でも臼蓋形成不全と言われるものがほとんどで女性が発症する割合が非常に多いです。

通常の場合股関節は寛骨臼という関節の凹み側と大腿骨頭という凸側ががっちりとかみ合わさっていることで安定感をもって動かすことが可能となっています。

この凹みが浅くなっていて凸側が不安定になっているのが臼蓋形成不全になります。安定感がなくなると骨や関節に直接負担がかかり摩耗して変形していきます。

その結果強い痛みが現れたり、関節が通常通り動かなくなってしまうのです。

症状としては

初期のうちはそこまで強い痛みは無く立ち上がりなどの動き始めに軽い痛みが出てきます。

症状が進行してくると常時痛みが出てきたり夜寝ていると痛みで起きてしまうといった生活に支障が出てくるレベルにまで発展します。

中年以降に発症しやすいと言われていますが、

上記のように生まれつき股関節に形成不全があったりすると若年でも症状が出ます。

また股関節や膝関節は体重を支える関節でもあるため体重が増加してくると変形しやすかったり、変形のスピードを早めてしまう要因になります。

一般的な治療法

治療法は関節の状態によって大きく変わります。

生活指導、運動療法

歩く際や動き出しに痛みが出ている方には関節に負担のかかりにくい歩き方や動き方を指導します。

また股関節に痛みが出ると歩きたくなくなり運動量が減少する方が増えます。それが筋力低下につながり悪循環になりますのでプールなど重力が直接かからない場所で歩行や水泳をして運動をする治療をします。

薬物治療

股関節の変形を止めたり修復する薬は現代医学では発見されていないため痛み止めなどの対症療法的な治療をしていきます。

手術による治療

痛みや変形の程度がそこまで強くない場合は保存療法を選択しますが上記のような治療でも改善が見込めない場合は手術が選択されます。

手術では人工的な関節を入れたり、骨切りといって股関節の骨を切って移動させ関節自体の負担を減らすような治療が行われます。

からだラボ整骨院たまプラーザ院での変形性股関節症施術

施術の様子当院では変形性股関節症の方には股関節の負担を減らして痛みを和らげていく治療をさせていただいております。

変形性股関節症では骨自体の痛みだけでなく関節を支えているような周りの筋肉や靭帯をいつも以上に酷使してしまうことでより痛みを助長していることが多くあります。

なのでその筋肉や靭帯に対して奥側まで届くような特殊な治療をして柔らかくしていくことで痛みを減らすことができたり、関節がうまく支えられるようになって安定感を出すことが可能です。

また、筋力強化も大切なのですが、痛みがある中で無理矢理動かすのはさらに痛みを強く

してしまう原因になりますので当院では体を全く動かさない状態で股関節周りの筋肉を強化できる治療をしていきます。

インナーマッスルとアウターマッスルを同時に整えることで本来の動きを取り戻せる!

歩くたびに痛みが気になる方、将来的に不安がある方はぜひ一度当院までご相談ください!