脊柱管狭窄症

青葉区美しが丘周辺・近隣の皆様、このようなお身体のお悩みはありませんか?

  • 下半身にシビれがある
  • 長く歩けない
  • 座っていると楽、立つと痛い
  • 後ろに反る体勢が辛い
  • おしりまわりにしびれやほてりがある

 

詳しい院内の衛生管理対策は下記をクリックしてください!

https://tamaplaza-seikotsuin.com/blog/eiseitaisaku/

脊柱管狭窄症とは

背骨には頭から体に繋がる神経が通る道があります。それが脊柱管と呼ばれるものです。

その名の通り脊柱管が腰の部分で狭くなると脊柱管狭窄症になります

加齢現象とも言われていて60~70代に多く見られます。

症状

・臀部(おしり)の痛み、シビれ

・足の痛み、シビれ

・足の筋力低下

・歩行障害

 →「間欠性跛行」と呼ばれる症状があります。

これは歩いていると痛みが出たり、シビれが出てきてしばらく歩けなくなるが、ま  た少し休むと歩けるようになる症状です

・排尿障害

   →初期は頻尿や夜間尿だが進行してしまうと残尿感や失禁

一般的な治療法

運動療法

→適度な運動(ウォーキングなど)

薬物療法

→血流促進薬、鎮痛剤、ビタミン剤

神経ブロック

→薬物療法で効果がない場合に、

 局所麻酔薬やステロイドなどのブロック注射

手術

→上記の治療でも効果が得られない場合

からだラボ整骨院たまプラーザ院での治療法

説明の様子まずは脊柱管狭窄症の原因となっている部分に直接治療していかなければ本来の根本治療ではありません。

そのために、まずは原因を見つけることが何より大事です。

加齢だからと思う方もいらっしゃると思いますが、年齢は関係ありません。ではなぜ年齢が高くなると脊柱管狭窄症になってしまう方が多いかと言いますと

筋肉量が若い時より少なくなっているからです!

特に、骨を支えてくれる

深層の筋肉(インナーマッスル)が重要です。

このインナーマッスルがあれば骨に負担を掛けることなく脊柱管を狭くさせてしまうことはないのです!!

脊柱管狭窄症になってからでも早期に

インナーマッスルを鍛えていく治療

をしていくことができれば回復は早くなります。

ただインナーマッスルを自分で鍛えるというのもすごく時間が掛かってしまうものなので、当院にあります奥の筋肉を鍛えていく治療機で鍛えていただきます。

そうすることで、多くの脊柱管狭窄症の方が早期回復しました。

インナーマッスルとアウターマッスルを同時に整えることで本来の動きを取り戻せる!

放っておくと症状が強くなってきてしまうものなので、少しでも違和

感や可能性があれば、早めに受診していただくことをお勧めします。