胸郭出口症候群

青葉区美しが丘周辺・近隣の皆様、このようなお身体のお悩みはありませんか?

  • 腕を上げていると手に違和感が出たり、血の気が引いて白くなってくる
  • 腕が疲れやすい
  • 肩甲骨周辺に痛みやしびれが出る
  • 首から腕、手先にかけて繋がったような痛み
  • 指先が冷えやすかったり、触ると冷たくなっている

詳しい院内の衛生管理対策は下記をクリックしてください!

https://tamaplaza-seikotsuin.com/blog/eiseitaisaku/

胸郭出口症候群とは

そもそも胸郭出口症候群とは何かというと

腕や手先、肩甲骨周りの感覚を支配している腕神経叢と呼ばれる背骨から出る神経と鎖骨下動脈が首の部分で圧迫されてしまうことで引き起こされます。

症状としては

〇肩、腕、手にかけて痛みやしびれ

〇冷え

〇動かした時の違和感

〇人によっては肩こりとして感じる方も多くいます

近頃はスマホの見過ぎによって悪化しているような方も多く日々繰り返すことによって段々と悪化して日常生活や仕事にも支障が出てしまうなんてことも…

一般的には、なで肩の女性や重いものを持ち上げるような力仕事をしている方に多く見られ時にはな肩周りのトレーニングによって発症しやすいと言われています。

実は同じ胸郭出口症候群でも種類がいくつか存在します!

斜角筋症候群

胸郭出口症候群の大半を占めていると言われる症状になります。

頸椎から肋骨につく前斜角筋と中斜角筋の間で神経と血管が挟まってしまうことによって現れる症状です。

この前斜角筋と中斜角筋が硬くなればなるほど圧迫されるリスクが上がっていきますので筋肉に対する治療や安静に休むことで改善ができる症状となります。

肋鎖症候群

名前の通り肋骨と鎖骨の間で神経や動脈、静脈が圧迫されてしまい出てくる症状

いいます。

前傾姿勢下を向く時間が長くなると挟まりやすくなりそれに伴って症状が増す方が多くなります。

過外転症候群(小胸筋症候群)

小胸筋という胸の筋肉によって引き起こされる症状

20〜30代に多い症状の一つになります。

腕を横に上げていく動作(外転動作)をしていくと挟まりやすくそのタイミングでしびれや痛みを伴います。

頸肋症候群

頸肋とは少し珍しいものにはなるのですが、頸椎と呼ばれる首の骨の横からほそ長い肋骨のような骨が出てきているもので、手術を選択する方も少なくないです。

一般的な治療

ストレッチをしてみたり、安静にしてくださいと言われます。

自律神経系の症状が出ている場合には自律神経を安定させるためにによって様子を見ていくこともあります。

また症状によっては手術による治療を選択する方もいらっしゃるようです。

からだラボ整骨院たまプラーザ院の胸郭出口症候群施術

筋肉に対する治療が最も有効だと考えています!

まずはしっかりとお話を聞き今出ている症状やその原因をハッキリさせていきます。

上記にもある通り筋肉が硬くなると発症のリスクが上がるため

直接原因となる筋肉に対して治療をしなければ根本的な改善とは言えません。

からだラボ整骨院たまプラーザ院では原因である奥深くの筋肉のインナーマッスルに対して特別治療器を使った施術をさせていただきます。

インナーマッスルは姿勢を支えている筋肉のためここを治療するだけで姿勢の改善にも繋がります

インナーマッスルとアウターマッスルを同時に整えることで本来の動きを取り戻せる!

もし安静にしていても変わらないと感じたり、

ストレッチでも改善が見られない方は

ぜひからだラボ整骨院にお越しください!